Animal  Creator

発足の経緯

2020年5月

SATO YOSHIKAZU氏が発起人となり仲間数人とクリエイティブ集団Animal  Creator」発足

私は昨今の過剰なペットブームや希少動物をファッション感覚で購入する事に疑問を持ち始めました。

さらに、本当の動物保護って何だろう?ペットは可愛いだけじゃない。

面倒な事も多いし、人間より確実に早く死んでしまう。
そもそも動物を飼うって事自体、人間のエゴだし、

ペットや動物達に上辺だけの愛情だけではダメなんじゃないかと。

自身でもたくさんの動物達と生活をする事でペットショップや愛好家達に経験を元にした
アドバイスをすることが多くなってきました。
そして「希少動物の売買はしない」「責任を持って生涯飼育(死ぬまでお世話をする事)をする」

「自分自らお世話している動物を殺生しない」などいくつかのポリシーを持つようになりました。

そんな中、ペットショップや愛好家からお世話出来なくなってしまった動物達を

数多く引き取るようになるのですが、責任感がない人、飼育知識が少ない人にお世話されるより、

自分がお世話した方が動物達が幸せだと思う事も数多くあります。

飼育放棄をした人の中には森や池に放置してしまう人もいて、生態系を崩してしまったり、

危険な動物が野放しになり一般の方が怖い思いをする事が急増しています。

こんな生活をしているうちに、自分でも何か出来るんじゃないかと思い
私の思う動物保護を訴える為にクリエイティブ集団「Animal  Creator」を発足しました。

「Animal  Creator」ではYOSHIKAZU氏自らが描いた動物をモチーフにした絵画やグッズの販売。

企業とのコラボレーション、YouTube、ライブ配信、SNSで発信をしていきます。

保護施設建設のためのクラウドファンディングも立ち上げ予定です。

イベントやライブ配信、Youtubeの詳しい情報は追ってHPに追加していきます。